1. TOP
  2. ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

 ナイス株式会社(以下「当社」といいます。)は、株主及び投資家をはじめとする、あらゆるステークホルダーの皆様に対して、会社情報を迅速、正確かつ公平に提供するため、社内規程を定め、適時適切な情報開示に努めます。
 金融商品取引法及び会社法等の法令並びに東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則(以下「適時開示規則」といいます。)」等に準拠した情報開示を行うほか、ナイスグループ(以下「当社グループ」といいます。)について理解いただくために有用と判断される情報、特に中長期的な企業価値向上に関する財務情報及び非財務情報についても積極的な情報開示に努めます。

情報開示の基準及び方法

 金融商品取引法及び会社法等の法令に基づき開示が必要となる情報については、金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム(以下「EDINET」といいます。)にて公表し、適時開示規則の定めに従い適時開示が必要となる場合は、東京証券取引所が運営する適時開示情報伝達システム(以下「TDnet」といいます。)にて公表いたします。EDINET又はTDnetにて公開した情報については、当社WEBサイトにも遅滞なく掲載いたします。 また、これらに該当しない情報についても、ステークホルダーの皆様に対して、適切な方法で、正確かつ公平に情報開示を行います。

インサイダー取引の未然防止及び公平な情報開示

 当社は、重要な会社情報を適切に管理し、インサイダー取引の未然防止を図ること及び公平な情報開示を行うことを目的として、社内規程を定め、当社グループの役職員への周知徹底と理解啓蒙を促進しております。

業績予想及び将来の予測に関する事項

 当社が開示する業績予想、戦略、方針及び事業計画等のうち、過去又は現在の事実に関するもの以外は、当社がその時点で入手可能な情報に基づく判断及び仮定に基づく将来の見通しであり、実際の業績等は、様々なリスクや不確定要素により大きく異なる可能性があります。

沈黙期間

  当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、情報開示の公平性を確保するため、各四半期の売上締め日から当該四半期の業績の発表日までの間を沈黙期間とし、決算情報に関するコメント及び問い合わせへの回答を行わないこととしております。ただし、沈黙期間中であっても、決算数値に大きな影響を与える経営関連情報については、適時開示規則の定めに従い公表いたします。

社内体制の整備

  当社は、本ディスクロージャーポリシーに則り、関係法令及び適時開示規則に従い情報開示を行うために、社内体制の整備に努めております。