1. TOP
  2. ナイスビジネスレポート
  3. 農林水産省 2021年木材統計 国産材供給割合が5年連続で8割超

農林水産省 2021年木材統計 国産材供給割合が5年連続で8割超

 農林水産省は6月14日、2021年木材統計を公表しました。同調査は、素材の生産、木材製品の生産や出荷等に関する実態を明らかにし、森林・林業行政の推進等に資する資料を整備することを目的としています。

 2021年の素材需要量は2,608万5千㎥で、前年比10.8%の増加となりました。このうち、製材用は1,665万㎥で全体の6割を占め、前年比12.1%の増加となりました。そのほか、合板等用は509万3千m㎥と同10.1%増加、木材チップ用は434万2千㎥と同6.6%増加しました。

 素材供給量については、国産材が2,184万7千㎥と同9.9%増加、輸入材は423万8千㎥と同15.5%増加しました。この結果、素材供給量に占める国産材の割合は83.8%となり、同0.6ポイント減少したものの、5年連続で80%台を維持しました(図2)。

 国産材供給量を樹種別に見ると、スギは1,291万7千㎥と同10.8%増加、ヒノキは307万9千㎥と同13.1%増加、エゾマツ・トドマツは119万6千㎥と同28.3%増加しました。

農林水産省HP
https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/mokuzai/index.html