1. TOP
  2. ナイスビジネスレポート
  3. 2月24日~3月13日 木材の可能性を再発見! WEB展示会 「木フェスTM」 開催

2月24日~3月13日 木材の可能性を再発見! WEB展示会 「木フェスTM」 開催

 

 

 ナイス㈱は、2月24日~3月13日の期間において、木材と木造建築に関する情報を発信するWEB展示会「木フェスTM」を特設サイトにて開催します。SDGsという世界的な潮流において持続可能な素材である木材への関心が一層高まる中、「木フェスTM」では、ナイス㈱がお薦めする国産材製品や各自治体による地域材、中・大規模建築物の木造化・木質化に向けたソリューションなどをご提案します。今号では、このうち、開催直前の特別企画として、木材市場の特長やお薦め製品を木材営業担当者がご紹介する「木材市場大開放」について、内容の一部をご紹介します。

 

木の専門家に会える!「木材市場大開放」

 木材市場は、通常、お取引先様のみのご来場に限定しており、イベント開催時などの特別な場合を除き、一般のお客様にその内部をご覧いただくことができません。そこで、WEB展示会「木フェスTM」では、全国17カ所の木材流通拠点を7つのエリアに分けて、エリアごとに市場の特長やお薦めする木材製品などについて、木材営業担当者が動画にてご紹介します。ここでは、首都圏・関東エリアの見どころの一部をお見せします。

 

ポイント① 木材市場を動画で紹介!

「脱プラ・木質化」を推進!国産材ショールームとして活用

 首都圏・関東エリアでは、脱プラスチック・木質化に向けて、プラスチックの代替素材として木材の利用促進に積極的に取り組んでいます。「木フェスTM」における木材市場の公開動画では、相模原市場にフォーカスして、木材のショールーム機能の充実による「見せる倉庫」としての活用についてご紹介しています。

 同市場では、全国の製材メーカー様から厳選した高品質な無垢材を豊富に取り揃え、内装材・外装材・家具材のラインアップを強化しています。現在では、販売店様だけでなく工務店様や設計事務所様などに、自社仕様の検討やお施主様に木材を選んでいただく場として多数ご利用いただいています(図1)。

 同市場には、スギやヒノキの梁桁といった化粧構造材倉庫、「Gywood®」「ObiRED®」などのナイスオリジナル国産材ブランド商品倉庫、日本各地から厳選した木材メーカー様の商品倉庫があり、それぞれの倉庫についても動画にてご紹介しています(図2)。

 

ポイント② 各市場お薦めの木材製品を動画でご紹介!

大径材利用を促進!ナイスオリジナル木材製品

 ナイス㈱では、高齢化・大径化している日本の森林資源を有効活用するため、国産の大径木を活用したオリジナルの木材製品を開発、ご提供しています。「木フェスTM」の首都圏・関東エリアでは、宮崎県産の飫肥(おび)スギの大径木から赤身部分だけを用い、防腐・防蟻性能に優れた「ObiRED®」について、美しい木肌が特長の「無地上小製品(むじじょうこせいひん)」「追い柾無地上小製品(おいまさむじじょうこせいひん)」などの新製品をお披露目します。「追い柾」は、大径木の板を割って取ることができ、板目と柾目の木目を併せ持っています。木肌の美しさにより外装の意匠性を高めるとともに、板目材より密度が高い、変形収縮が少ない、柾目材より安価であるなど、様々なメリットがあります。

 また、大径木から取ったスギ板材にナイスオリジナルの表層圧密テクノロジー「Gywood®」を施し、形状安定性と強度を高めた無垢材についても、今回、新商品「凸凹(でこぼこ)Gywood®」を初めてご紹介します。木材の仕上げには、木目の柔らかい部分(春目)を磨いてへこませ、堅い部分(秋目)を浮き立つようにする浮造(うづく)り仕上げがあります。「凸凹Gywood®」では、浮造り仕上げ以上の凹凸感を実現し、より木材の表情を楽しんでいただける商品となっています。インテリア材、エクステリア材として、利用の可能性を広げるナイスオリジナルの国産材製品をぜひご覧下さい。