1. TOP
  2. ナイスビジネスレポート
  3. 国土交通省 新型コロナウイルス感染症対策の指針 建設業向け感染予防対策ガイドライン策定

国土交通省 新型コロナウイルス感染症対策の指針 建設業向け感染予防対策ガイドライン策定

具体的対策と取り組み事例示す
国土交通省は5月14日、「建設業における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」を公表しました。同省では、これまでも建設現場における「三つの密(密閉・密集・密接)」の防止対策について周知を行ってきましたが、同ガイドラインでは具体的な対策が盛り込まれたほか、建設企業で実践されている取り組み事例が拡充されました(図1)。
同ガイドラインは、感染防止のための基本的な考え方と、講じるべき具体的な対策とに分けて整理がなされています。感染防止のための基本的な考え方については、事業者は建設現場の立地や工事内容等を十分に踏まえ、従業員等の感染防止に努めることとしています。そのため、「三つの密」が生じ、クラスター感染発生リスクの高い状況を回避するべく、最大限の対策を講じることを求めています。

建設現場の「三つの密」回避へ
講じるべき具体的な対策については、感染予防対策の体制、健康確保、建設現場、オフィス等における勤務、通勤、従業員・作業員に対する協力のお願い、感染者が確認された場合の対応、その他の8項目が示されました。
このうち、建設現場における対策としては、消毒液の設置、マスクの着用や手洗いの励行、朝礼や現場事務所等における対人間隔の確保などのほか、ドアノブや電気のスイッチといった共有設備の洗浄・消毒、重機や車両のハンドル・操作レバー等の消毒などが列挙されています。また、感染防止対策を示したポスターやロゴ、看板の設置により、「三つの密」の回避などに対する意識向上と作業姿勢の定着を図ることなどが示されました。
このほか、建設現場への移動・立ち入りについては車両移動時の同乗・相乗りの回避などが、休憩・休息スペースについては喫煙時等の対人間隔の確保や休憩時間をずらす等の工夫を行うことなどが挙げられています。
同省は、同ガイドラインについて、緊急事態宣言が終了した後も、新型コロナウイルス感染症の感染リスクが低減し、企業関係者の健康と安全・安心を十分に確保できる段階に至るまで事業活動に用いられるべきとしており、今後も感染症の動向や専門家の知見等を踏まえ、適宜、必要な見直しを行う方針です。

住団連が感染予防ガイドラインを制定
5月21日には、(一社)住宅生産団体連合会が「住宅業界における感染予防ガイドライン」を制定し、職場別の留意事項を示しました。
この中で、事務所については、打ち合わせや商談等でのオンラインの活用、現場見学会等における集客対象の限定などを挙げています。また、住宅展示場等については、受付等ではビニールカーテンの設置、商談スペースでは机の間をパーテーションで仕切ることなどを求めています。

国土交通省「建設業における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」
https://www.mlit.go.jp/common/001344424.pdf
(一社)住宅生産団体連合会「住宅業界における感染予防ガイドライン」
https://www.judanren.or.jp/activity/demand-proposal/pdf/covid_guideline_20200521.pdf