1. TOP
  2. ナイスビジネスレポート
  3. 国土交通省 2018年住生活総合調査(速報集計)結果 住宅に不満がある世帯が20年で半減

国土交通省 2018年住生活総合調査(速報集計)結果 住宅に不満がある世帯が20年で半減

国土交通省は1月31日、2018年の住生活総合調査(速報集計)結果を公表しました。これは、全国の普通世帯の住宅および居住環境に対する評価や、住み替え・改善意向の有無と内容、実態等を調査し、今後の住宅政策に役立てるために同省が5年ごとに実施しているものです。今回は、同調査のポイントをまとめました。

 

約4万8千世帯からの回答を集計

国土交通省は、2018年の住生活総合調査において、住宅および居住環境に対する評価、今後の住まい方の意向、住宅および居住環境の個別要素に対する評価、家族構成別に見た住宅および居住環境の評価と住み替え・改善意向などを主に調査しています。調査は、総務省が実施した2018年の住宅・土地統計調査の調査対象世帯のうち、普通世帯から無作為に抽出した9万3,586世帯を対象に実施し、4万7,898世帯から回答が得られました。速報集計結果では、同統計調査の住宅および世帯に関する基本集計の結果と連結して集計しています。
なお、調査結果(確報)については今後、更に住宅の構造等の集計結果と連結して集計し、8月頃に公表する予定です。

 

住宅への不満は大幅に減少

住宅および居住環境に対する評価では、「非常に不満」「多少不満」「まあ満足」「満足」の4段階評価を選択する方式で調査しています。住宅および居住環境の総合的な評価について、「非常に不満」「多少不満」と答えた世帯の割合(不満率)は継続して減少しており、2018年は21.5%と、1988年の35.6%から14.1ポイント減少しています(図1)。このうち、住宅そのものに対する評価の不満率については、1988年の51.5%をピークとして総じて減少しており、2018年は23.1%と、半分以下になっています。
持ち家・借家別に見ると、持ち家の不満率は1988年の45.0%から2018年の18.8%に、同じく借家の不満率は64.1%から33.1%に、いずれも減少しています。なお、持ち家と借家の不満率の差についても減少しており、1988年に19.1ポイントあった差が2018年には14.3ポイントとなっています。

 

 
子育て世帯は約2割が住み替え意向

将来的な住み替えについては、64歳以下の単身世帯では33%、子供が17歳以下の子育て世帯では20%が住み替えの意向を持っていました。また、将来的に住み替えの意向がある世帯に対して、住み替え先の意向を聞いたところ、現在持ち家に住んでいる世帯の持ち家への住み替え意向については、2008年の79.1%から2018年には62.7%に減少しました。また、現在借家に住んでいる世帯における持ち家への住み替え意向についても、同様に2008年の51.7%から36.2%に減少し、借家への住み替え意向の37.5%を下回りました。
持ち家の取得に当たっては、既存住宅の取得意向がある世帯がこの10年間で大幅に上昇し、現在持ち家に住んでいる世帯では約3%から24.6%、現在借家に住んでいる世帯では7%から33.6%に上昇しました(図2)。そのほか、取得意向の持ち家の種別について世帯構成別に聞いたところ、64歳以下の単身世帯を除いて一戸建住宅が過半を占め、最も比率が高かった子育て世帯では、約63%が一戸建住宅を希望していました(図3)。

 

 

地震の安全性に不満

住宅・居住環境に関して重要と思う項目については、全世帯では45.8%が「治安」、42.3%が「広さや間取り」を挙げました。世帯構成別では、子育て世帯では「治安」「通勤・通学の利便」が、高齢者世帯では「日常の買い物などの利便」「地震時の安全性」が上位となりました。一方で、不満率については、全世帯では「地震時の安全性」、子育て世帯では「収納の多さ、使い勝手」、高齢者世帯では「高齢者への配慮(段差がない等)」が、重視されているにも関わらず高くなりました。

 

住宅の点検を施工業者に依頼が3割

今後も継続して居住する意向がある持ち家の世帯に対して、家計主の年齢別にリフォームや建て替えといった今後の住宅の改善意向について聞いたところ、リフォームの意向がある世帯の割合は、家計主が55~59歳の世帯が最も高く35%で、次いで40~49歳が29%、50~54歳と60~64歳が28%で続いています(図4)。
また、今回の調査では初めて現在の住宅の点検等の依頼先についても調査しています。点検等の依頼先は、「現住宅の施工業者」が33%で最も高く、入居後に自身で探した業者が17%となっています。一方で、点検していないという回答も31%を占めました。

 

 

平成30年住生活総合調査の調査結果(速報)
http://www.mlit.go.jp/report/press/house02_hh_000150.html