1. TOP
  2. ナイスビジネスレポート
  3. ナイスグループ プライベートブランド ZENIYA 今秋注目の一押し商品をご紹介

ナイスグループ プライベートブランド ZENIYA 今秋注目の一押し商品をご紹介

 ナイスグループのプライベートブランド「ZENIYA(ゼニヤ)」は、基礎資材や副資材、内装建材、住宅設備機器、インテリア材など、住宅に関するあらゆる商品を取り扱っています。今回は、この秋におすすめする3つの新商品をご紹介します。

 

注目商品①
あったかMADO
 
窓の高断熱化が暮らしを変える
 

住まいの高断熱化を考える時、開口部の断熱改修は重要なポイントの一つです。開口部のうち、窓を断熱改修する方法としては、古い窓を取り外してサッシごと全て交換する方法、既存の窓の内側に内窓を設置して二重窓とする方法、既存の窓枠の上に新規の窓枠をかぶせて新たな窓を設置する方法(カバー工法)などがあります。
サッシごと交換する方法は、内外壁を壊して既存のサッシを窓枠ごと取り外してから、新たなサッシを取り付けるという大掛かりな工事となります。そのため、工期が長くなることに加えて、壁のひび割れや雨漏りといったリスクが生じやすくなります。
既存窓の内側に内窓を設置して二重窓とする方法は、サッシごと交換する方法と比べると、費用や工事にかかる時間が抑えられます。二つの窓の間に空気層が生まれることから、断熱性能、防音性能に優れるとともに、窓が1枚増えたことで外部からの侵入防止にもつながり、防犯性能も向上します。その一方で、1枚窓と比較すると、窓が増えたことにより見た目のすっきりさが損なわれるほか、換気や清掃といった点ではデメリットもあります。
カバー工法は、既存のサッシ枠の内側に、新規枠を設置して新たな窓を取り付けるものです。窓の開口が一回り小さくなるというデメリットはありますが、壁を壊すことがないため外壁工事を伴わず、費用や施工性の点で優れており、近年では多くの商品が開発されています。

 

新たな窓リフォームを提案
 

ナイスグループが今秋より新たに販売を開始する「あったかMADO」は、「手軽にかわる」「良い窓にかわる」をコンセプトとして開発された新しい窓リフォームです。短時間で高性能な断熱窓を経済的に取り付けることができます(図1)。
「あったかMADO」は、㈱栗原様の高性能断熱窓「K-WINDOW」を、㈱BAC様の特許取得技術である発泡ウレタン充填工法「発砲工法」を用いて取り付ける新たなカバー工法で、ナイス㈱が供給を担います。高性能な樹脂サッシを、気密性に優れ施工性も良い新しいカバー工法を用いて取り付けることで、窓自体の性能を上げられる新しい窓リフォームの形です。

 

 

高性能窓を特許技術で取り付け
 

「K-WINDOW」は、窓の型材に独自の多層チャンバーフレーム構造を用いています。室内と室外とを何層もの小部屋で仕切ることで、外気の影響を受けにくくし、断熱性能を高めています(図3)。更に、鉛を使わない純度100%のPVC(塩化ビニル樹脂)パウダー化合物を用いるとともに、二酸化チタンを他社の同様製品より1.2~4倍多く含ませることで、紫外線の影響で生じる剥離・形状破壊・変形・粉吹きなどのダメージを受けにくくし、強度と耐久性に優れた性能を実現しています。
「発砲工法」は、既存枠と新規枠の間に硬質発泡ウレタンを充填することで、新しい窓や建て具などを気密性、水密性、耐風圧性を高めて取り付けることができるという新しい建付工法で、特許を取得しています(図2)。
硬質発泡ウレタンは、硬化時間がわずか2~5分と短く、溶接やビス止め等が不要で、火気が使用できない作業場でも設置が可能です。また、原則として屋内からの作業だけで完結できるため、足場を必要としないなど、短時間かつ安全に施工することができます。更に、既存枠と新規枠の隙間に硬質発泡ウレタンを充填するため、従来のカバー工法と比較して、窓回り全体の断熱性能が向上するほか、気密性能、水密性能、耐風圧性能の向上が図れます。

 

 

約1時間で窓の交換が完了
 

施工に当たっては、溶接をしないため簡易な養生で済みます。まず、既存窓の障子(ガラス戸)を撤去し、既存窓枠を残したまま化粧額縁付きの新規窓枠を設置して位置決めを行い、4箇所を硬質発泡ウレタンで仮固定した上で、全ての隙間に充填していきます。そして、内側の額縁施工をして完了となります(図1)。作業は、㈱BAC様の協力施工店様が実施し、工事保証を付けることができます。幅1,800㎜×高さ900㎜サイズの窓であれば、約1時間程度で施工が完了するため、お施主様が住まいながらにして窓リフォームを進めることができます。
窓の形状については、横すべり出し窓、縦すべり出し窓、引き違い窓、FIX窓(はめごろし窓)、テラス戸、テラスドアを標準仕様としてご用意しています。更に、上げ下げ窓やフレンチドア(観音開き)、ドレーキップ窓(内開き・内倒し窓)、大型テラスドア等など幅広く対応しています。

 

 

注目商品②
マルチ門柱
 
多機能ながらスタイリッシュさを演出
 

近年、塀などの外構を必要以上に設けない開放的なエントランススペースへの人気が高まっており、その前面に設置される門柱は家の顔とも言えます。一方で、ネットショッピングの利用増加、電動アシスト付き自転車や電気自動車の普及、ガーデニングやDIYの流行に伴い、エクステリアに求められる機能も多様化しており、多機能でデザイナブルな門柱の需要が高まっています。
「マルチ門柱」は、こうした玄関アプローチに求められる機能をオールインワンに搭載した新しい門柱です。飽きのこないシンプルなデザインで住まいのファサードをスタイリッシュに演出します。

 

100Vコンセント・散水栓を標準搭載
 

「マルチ門柱」は、最大で8つの機能を搭載できます。表札やインターホン、門灯、大型の両開きポストといった基本的な機能に加え、これまでにない機能として、100Vのコンセントと散水栓を標準で装備しています。これにより、高圧洗浄機や電動工具などがつなげ、電動アシスト自転車の充電もできるほか、洗車や外構の清掃、お庭の水やりなどを「マルチ門柱」を起点として行えます。そのほか、日中に光を貯めて夜間に光る「12時間蓄光テープ」をネームシールに採用しており、夜間の表札を美しく演出します。
更に、オプションとして、電気自動車の充電ができる200Vコンセントや、共働きなど留守がちで、ネットショッピングの利用頻度が高いようなご家庭に役立つ、荷物の受け取りと発送が可能な宅配ボックスも付けられます。宅配ボックスは、大・中の2種類をご用意しており、宅配ボックスを付けない場合は、植栽のハンガーバスケットやリースといった装飾に活用できるステンレスプレートとなります。
門柱自体のサイズは、高さ1,500㎜、幅195㎜、奥行331㎜のスリムなボディーで、高さは1,800㎜も選べます。材質は、スタイリッシュで耐候性も高いステンレス製で、色はシルバー、ブラック、ブラウンの3種類から選べます。和・洋どちらの住宅のテイストにも合いやすいデザインとなっています。

 

 

注目商品③
アルミ収納扉
 
現代的でスタイリッシュなアルミ収納扉
 

細いアルミフレームに、半透明の採光板が空間を広く感じさせるなど、シンプルな軽快さが女性の感性にマッチし、アルミ製の建具の人気が高まっています。
「アルミ収納扉」は、そうしたトレンドを取り入れ、フローリングやクロスと美しくマッチし、現代的なインテリアを演出する収納扉です。従来よりも細くスリムに仕上げることでスタイリッシュさが増したアルミフレームと、ガラス調の半透明な面材の組み合わせが、空間に広がりを感じさせます。更に、衛生的でクリーンな印象を演出し、寝室をはじめ、キッチンや洗面などにも最適な収納扉となっています。
ゼニヤのパーツを選べる可動式収納システム「ラックシステム」と合わせることで、スマートな魅せる収納を実現できます。

 

「引き戸」と「開き戸」の2タイプ
 

「アルミ収納扉」は、引き戸と開き戸の2タイプがあります。「引き戸タイプ」は上吊りで、床にレールがないノンレール仕様です。段差がないため、キャスター付きのラック等の収納や、掃除などにも適しています。また、扉の開閉時の動きがゆっくりと静かに納まるWソフトクローズ機能を搭載し、扉の跳ね返りや衝撃音を軽減しています。
サイズは高さが2,330㎜で、幅は1間サイズのラックシステムがすっぽり収まる1,680㎜の「1間サイズ」、1,645㎜の「1間サイズS」、1,190㎜の「0.75間サイズ」です。なお、高さが2,400㎜以下で、開口が幅1,200~1,800㎜であれば特注での対応も可能です(サイズは全て枠外。以下同様)。
「開き戸タイプ」は軸吊り仕様で、回転軸によりスムーズに開閉します。床にマグネットキャッチを設置しており、扉の開閉をしっかりとアシストします。サイズは、高さ2,330㎜、幅735㎜の「0.5間サイズ」をご用意しています。なお、高さが2,400㎜以下、開口が幅600~800㎜で特注対応が可能です。