1. TOP
  2. ナイスビジネスレポート
  3. 特別講演 健康住宅を創りましょう

特別講演 健康住宅を創りましょう

しっかりと断熱が施された暖かい住宅で暮らすことが、病気の根源的な予防「ゼロ次予防」につながります。人生を最期まで元気に楽しむ「ピンピンコロリ」を提唱する首都大学東京の星旦二名誉教授に、健やかに長生きするためのヒントについてお話しいただきました。

 

 

日本の高齢者は「NNK」

 厚生労働省が昨年7月に発表した簡易生命表によると、2017年の日本の平均寿命は男性が81.09歳、女性が87.26歳と、世界一の長寿国です。一方で、健康上の問題がない状態で、日常生活が制限されることなく、自立して生活できる期間である健康寿命は、男性が72.14歳、女性が74.79歳となっています。つまり、平均寿命と健康寿命には、それぞれ8.95歳と12.47歳の開きがあり、10年前後の長い期間「NNK」の状況となっています。「NNK」とは私の造語で、少しずつ人々の間に浸透してきた「PPK(ピンピンコロリ)」、つまり健康で長く生きることに対して、要介護で長生きした終末となる「ネンネンコロリ」を意味します。
以下に、「〇」「×」で答えられる8つの質問を示します。

 

 

 これらの質問の答えは全て「×」です。健康は医学では決まりません。更に言えば、病院は安全なところでもありません。EU事務局が報告した患者安全報告「Patient Safety in the EU 2014」によれば、EU全体で年間15万人が病院の医療事故で亡くなり、EU市民の53%が病院を危険だと認識しています。また、日本ほど薬を服用する国はなく、ある意味で寝たきり患者を医学が生み出しています。私は、健康でいられるかを決めるのは、医学ではなく「日々の暮らし」だと考えています。日本一の長寿県は長野県で、地方のほうが比較的長生きです。医者と病院が少なく、蛍がいるような環境の良い地域のほうが長生きする人が多いのです。また、たとえ生活習慣を変容させても、その背景に夢や意思がなければ、すぐに生活習慣はリバウンドしてしまうでしょう。
日本の住宅は、健康住宅とはとても言えません。英国政府は、冬季に室温を18℃に保てない賃貸住宅には改善命令を出し、従わなければ解体命令を出します。日本の住宅にこれを当てはめれば、9割が該当します。更に、国際連合の関連団体が発表している「世界幸福度ランキング2019」によれば、日本は156カ国中58位、G7(主要7カ国)の中では最下位となっています。
ぜひ、「NNK」ではなく、幸福感を持って「PPK」で最後まで元気に生きていただきたいと思います。そのために必要なものは暮らし、すなわち住宅であり、仲間や家族などによる手当てであり、地域のネットワークなのです。収入は、基盤としてとても重要です。

 

住宅が健康を規定する

 健康を規定する要因として、収入・学歴、幸福感・健康感、健康寿命、地球環境、住居環境、食生活と生活習慣、平和、身体的・社会的・精神的健康などが考えられます。WHO(世界保健機関)では、健康にとって大切な要因として、「平和」に次いで2番目に「住宅」を挙げています。しかし、日本では、住宅を健康の観点から捉えた「健康住宅」に向けた取り組みがなかなか進んでいません。
実は、WHOが健康において住宅を重視するに至る経緯として、長野県の佐久総合病院の若月俊一病院長の活動成果が背景にありました。脳卒中をはじめとする循環器系疾患の死亡者数は現在、年間約1万7,000人と推計され、冬季に増加しています。一方で、熱中症の死者は2017年で635人、つまり、寒さで亡くなる方のほうが多いことが分かります。佐久総合病院のある長野県では、1970年には年間で約5,000人の方が脳卒中で亡くなっていました。この本質は、当時、トイレや風呂がとても寒い母屋の外にあったことでした。若月病院長らは、トイレと浴室を家の中に入れ、居間を南側にして、床を上げて湿気をなくし、暖かい部屋を一部屋つくるという、県内における住宅の改善に取り組みました。これにより、冬季の寒い中、屋外へ行かないで済むようになり、壮年期や前期高齢期の脳卒中死亡者数が劇的に改善していきました(図1)。これらの活動成果が背景にあり、WHOが住宅を健康の重要なファクターとして取り入れたのです。

 

断熱住宅は「ゼロ次予防」

 2014年の人口動態統計によれば、夏季に比べた冬季の死亡増加率は、北海道が最も低くなっています。北海道が低いのは当然で、しっかりとした寒さ対策を打たなければ、冬の厳しい寒さで人の命が奪われてしまうからです。北海道では、行政、学術機関が冬季の死亡者数を減らすために、住宅の高断熱化を有効な手段として極めて積極的に推進してきました。一方で、北海道は肺がんによる死亡率が有意に高い地域です。その原因の一つとして、気密性を高めた室内で、ホルムアルデヒド等の有機溶剤を出す開放型の石油ストーブを使用したことと、喫煙率の高さがあると推定しています。物ごとには多面性があり、今後は住宅内の空気質についてもこだわる必要があると考えています。
厚生労働省が循環器系疾患に対する対策として進めているのは、一次予防としての塩分調整、二次予防としての血圧測定です。確かにこれらも一定の効果はありますが、やはり高い効果が得られるのは、しっかりと断熱が施された寒くない住宅に住むことです。私はこれを「ゼロ次予防」と呼んでいます。「ゼロ次予防」とは、病気の早期発見、早期治療よりも、日々の生活を重視した根源的な予防を指します。例えば、たばこを原因として肺がんで亡くなる人を減らす根本的方策としては、たばこの自動販売機を撤去するというのが「ゼロ次予防」です。住宅については、寒くなく快適で、温度や湿度較差のない空気質の良い住宅を担保することが「ゼロ次予防」です。
慶應義塾大学の伊香賀俊治教授らとともに、寒い家から暖かい家に住み替えた場合の追跡調査を約1万軒で実施しました。この調査では、ほとんどのアレルギー性疾患、血管性疾患、糖尿病などが改善傾向にあるという結果が得られました(図2)。これは、主として結露しなくなりカビが減るからです。お子様の喘息やアレルギー湿疹でお悩みの方は、子供部屋の壁を漆喰(しっくい)、床を無垢フローリングに替えてみて下さい。調湿作用によってカビやダニが減り、ホルムアルデヒドなどの有機溶剤を漆喰が吸着することで、間違いなく改善していきます。

 

 

生活習慣は健康寿命に影響を与えない

 全く風邪も引かず、健康そのものという人も中にはいると思います。しかし、そういう人も発病していないだけで、必ずウィルスには感染しています。感染と発病は全く違うもので、発病を予防することはとても大切です。実は、風邪を引きにくく長生きなのは、ふくよかでコレステロール値が高い人だということが分かってきました。免疫機能を高めるためには、皮下脂肪とコレステロール、アミノ酸がたっぷりな筋肉が必要になるからです。
免疫機能は腸内細菌でつくられます。風邪を引いたら、ヨーグルトと納豆、漬物といった発酵食品を食べて下さい。玄米も効果的です。玄米は、がんや認知症予防にも有効な食材です。作家の宮沢賢治は、『雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ』の中で、1日に玄米4合と味噌と少しの野菜を食べることを勧めていますが、この栄養素を(国研)医薬基盤・健康・栄養研究所の元所長でいらっしゃる、渡邊昌先生が解析した結果、高い栄養価を持つことが分かりました。玄米には、胚芽に乳酸菌がいるほか、亜鉛や銀スズなどの微量の元素と、更に食物繊維が含まれており、「PPK」には重要な食品の一つです。
生活習慣が好ましいと長生きすると聞いたことがあるかもしれません。実は、米国の研究成果を翻訳して日本に紹介したのは私達です。私は、東京大学医学部で「生活習慣が好ましいと健康になる」として博士号をいただきました。現在では高校の保健体育の教科書にも掲載されています。しかし、交絡要因を考慮していない間違いでした。
2001年と2004年の2回にわたり、1.3万人を対象に飲酒頻度や喫煙状況、睡眠時間、BMIの数値などと、死亡、要介護状態の関連性について追跡調査を実施しました(図3)。この調査では、飲酒量は考慮していませんが、毎日お酒を飲んでいる男性や、BMIが22以上の男性が健康だという結果が出ました。毎日お酒を飲み、適度に運動して睡眠を取り、ふくよかな人が長生きだったのです。
このデータでは、生活習慣得点が上がると生存率も上がり、一見、因果関係があるように見えます。しかし、実はこれには大きな見過ごしがあります。ある小学校で、足の大きさと計算能力の高さの相関関係を調べると、足が大きいほど計算能力が高いという結果が出ます。しかし、「学年」を考慮すれば関連がありません。つまり、「学年」という最も大切な要素が抜けているのです。足が大きいほど高学年であり、当然能力は高くなります。この関連は、偽相関だということです。
生活習慣が好ましい人と健康の相関関係についても同様です。ここには、「収入・学歴」という大事な要素が抜けていたのです。つまり、生活習慣が好ましいから、健康長寿なのではなく、好ましくできるような「収入・学歴」が基盤にあり、身体的に健康で、家族や地域との良好な関係を築くことを支え、日々の生活に満足感を覚える人、つまり、身体的・社会的・精神的健康という「健康三要素」を満たす人が健康長寿だったのです。

 

 

大切なのは「想いと夢」

 収入・学歴、幸福感・健康感といった健康を規定する要因に、今後は、SDGsの視点から、男女平等、資源、インフラ、所得格差など、色々な要因を絡めて考えていく必要もあります。私は、重要な要素として「想いと夢」を入れていただきたいと考えています。
仕事上、ある程度ストレスがある人と、ない人とを比べると、仕事上のストレスがある人の方がより長生きでした。この場合、ストレスコーピング(対処行動)が最も重要で、パチンコなどで発散する人は必ずしもその限りではありません。友人と遊びに行く、家族と出かける、趣味に熱中するといった、ポジティブなストレスコーピングが重要であり、人とのつながりや想い、何かを成し遂げたいといった夢があることが重要なのです。
生活習慣や食生活を好ましいものに変える最も大きな原動力は夢であり、夢を育むには収入・学歴が重要な要素の一つとなっています。例えば、トップアスリートが煙草を吸うでしょうか。大切なのは夢で、好ましい食生活と生活習慣は原因ではなく結果だということです。孤立しないで前向きに生きるといった身体的・社会的・精神的健康の「健康三要素」が健康寿命に直接的な影響を与えるのです。一定の収入がある人が、良好な地域環境の中で、暖かい住宅に住み、前向きに夢を持って生きるから健康長寿となり、生活習慣が好ましくなります。しかし、生活習慣が好ましくても健康長寿ではない可能性があります。

 

「PPK」で生きる

 高齢者が「NNK」になることは簡単です。運転免許証を返納するだけです。それだけで、外出が減り、趣味や地域活動に費やす時間は減り、ほぼ寝ているようになり、食事量が減っていきます(図4)。そうではなく、「PPK」となるために、家族や近隣、地域とのコミュニケーションを大切にし、できるレベルで積極的な活動を継続して下さい。「今日、行くところがある」という「きょういく」、「今日、用事がある」という「きょうよう」がキーワードです。これが、生活にメリハリを与えてくれます。孫の成長を夢見ながら、子供の子育てに協力し、ありがとうと感謝されて下さい。この関係性を維持しながら、暖かい住まいで、楽しく夢を持って暮らしていただきたいと思います。
最後になりますが、寝たきりにならず、長く生きられる住まいとは、寒くない家です。地域の住宅の新築・改修を担う工務店の経営者の方が、長生きし、しっかりと協力して取り組むことが、地域創生につながると考えています。