1. TOP
  2. ナイスビジネスレポート
  3. アメリカ屈指の高級住宅イベント「ストリート・オブ・ドリームス2017」 ステキアメリカが隈研吾氏設計の住宅を出展

アメリカ屈指の高級住宅イベント「ストリート・オブ・ドリームス2017」 ステキアメリカが隈研吾氏設計の住宅を出展

 ナイスグループのアメリカ現地法人であるステキアメリカは、アメリカ・オレゴン州ポートランドにて開催中のアメリカ屈指の高級住宅イベント「ストリート・オブ・ドリームス2017」にハイエンドな分譲住宅を建設し、出展しています。この住宅のデザインは世界的な建築家である隈研吾氏が手掛けており、イベントオープン時より一般来場者や住宅産業関係者などが多数訪れ、現地メディアにも多く取り上げられるなど、大変高い注目を集めています。

 

ハイエンドな2階建て住宅
 

現在、アメリカ・ポートランドにおいて、7月29日~8月27日を期間として、アメリカ屈指の高級住宅イベント「ストリート・オブ・ドリームス2017」が開催されています。
ポートランドは、アメリカ西海岸のオレゴン州最大の都市で、市内人口は約64万人、周辺広域自治体構成圏内の人口は約240万人の中規模都市です。地球環境に配慮したサスティナビリティが重視されており、「全米で最も住んでみたい都市」と評される自然豊かな環境都市です。
同イベントは、ポートランドの住宅開発地を会場として毎年夏に開催されるものです。高級住宅を得意とするビルダーが建設したハイエンドな住宅を有料(20ドル)で公開し、出展された住宅はイベント期間中から一般販売されます。北米住宅のデザインやランドスケープ、建材、設備、インテリア、家具に関する住宅トレンドや富裕層のライフスタイルなど、最新情報の発信の場として、毎年高い注目を集めています。
ナイスグループが出展している住宅は、約1,900㎡という広大な敷地に建つ、延べ床面積440㎡に及ぶ2階建ての住宅です(図1)。全体的にシャープな印象で美術館のように美しい外観デザインとなっており、2層吹き抜けの天井高約5.5mと開放感あふれる、ひと続きのリビング・ダイニング・キッチンや、アウトドアリビングとして使用できる広い縁側空間などが特長となっています。

 

 

異文化の融合と自然環境との調和
 

設計を手掛けた建築家の隈研吾氏は、同住宅に勾配屋根や縦ルーバーといった日本建築の伝統的要素や技術を取り入れると共に、アメリカの最新の住宅設備を用い、更に天井高や縁側にゆとりを持たせるなど、伝統と革新性を両立させた新たな居住空間を提唱しています。
また、イエローシダーをはじめとした地元の木材や自然素材を積極的に用いているほか、ナイスグループの社有林である「ナイス徳島の森」から伐り出された森林認証材のスギ材を使用するなど、木の温かみと香りに満ちた、サスティナブルな居住空間を実現しています(図2)。
ランドスケープは、海外で最高の日本庭園と評されるポートランド日本庭園のディレクターで、造園家の内山貞文氏が手掛けています。同住宅は、周辺の豊かな自然環境との融合を図るべく、「借景」の手法を取り入れ、室内にいながら自然が感じられるようデザインされており、ランドスケープがこれを補完する役割を果たしています。

 

 

 

現地メディア向けにレセプションを開催
 

8月2日には、同住宅においてレセプションパーティーが開催されました。ナイスグループの平田恒一郎代表や隈氏をはじめ、日本政府を代表して内山浩二郎在ポートランド総領事が、現地からは市長や建築関係者、有識者、メディアなど、約100人が出席しました。
ナイスグループの平田代表は挨拶の中で、「アメリカ西海岸と日本における伝統や文化、資源、技術などを融合させたこの住宅が、地域の方々のより豊かな生活のお手伝いができれば幸いです」と述べました。また、林野庁の沖修司長官から「アメリカにおいて、地域の木材と共に日本の木材が、サスティナブルな都市づくりや文化交流に生かされていることを大変誇りに思います」と祝辞が贈られました。
隈氏は同住宅について「地元の素材に加えて日本の木材を使用するなど、材料でも異文化の融合を図っているほか、日本の都市部では実現しにくい、広い縁側からなるシームレスな空間を設けるなど、将来のライフスタイルのモデルとなるべくデザインしました」と話されました。