1. TOP
  2. ナイスビジネスレポート
  3. 新耐震基準住宅の耐震性能検証法を公表

新耐震基準住宅の耐震性能検証法を公表

所有者などができる検証法を導入
 

国土交通省は、1981年から2000年までに建築された新耐震基準の木造住宅を対象に、効率的に耐震性を検証する「新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法(新耐震木造住宅検証法)」を公表しました。
この検証法は、「所有者などによる検証」と、これにより判断ができなかった場合に実施する「専門家による効率的な検証」からなっています。
所有者などによる検証とは、所有者やリフォーム業者など、耐震診断の専門家でなくとも検証可能なチェック項目を用いて耐震性能を確認する方法で、「平面・立面の形が不整形でないか」、「接合部の金物があるか」、「壁の配置バランスが適切か」、「著しい劣化が生じていないか」の4つの簡易項目からなっています。専門家による効率的な検証は、所有者などによる検証で「耐震性あり」と判定されなかったものを対象に、耐震診断の専門家が現地調査を行わずに図面や写真を活用し、従来の耐震診断方法に準じて耐震性能を確認する方法です(図1)。
国土交通省は今後、地方公共団体や建築関係団体などを通じて、所有者やリフォーム業者、設計者などに幅広く周知を図り、耐震診断の専門家などを対象とする講習会を実施していきます。
そして、リフォームなどの機会をとらえ、新耐震基準の住宅の耐震性能の検証を推奨していくとしています。

 

 

国土交通省
新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法の公表について
http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000662.html