1. TOP
  2. ナイスビジネスレポート
  3. 国土交通省 2016年度住宅市場動向調査の結果を公表 注文住宅の購入資金が増加傾向に

国土交通省 2016年度住宅市場動向調査の結果を公表 注文住宅の購入資金が増加傾向に

断熱窓の整備率は6~7割に
 

国土交通省は4月19日、住み替え前後の住宅や世帯、住宅取得に関する資金調達の状況などを調査する「住宅市場動向調査」について、2016年度の調査結果を公表しました。対象は2015年4月~2016年3月に住み替え・建て替え・リフォームを行った世帯で、注文住宅は全国で、分譲住宅、中古住宅、民間賃貸住宅、リフォーム住宅は三大都市圏において調査が実施されています。
この中で、省エネ設備の整備率について調査が実施されました。これによると、太陽光発電装置の整備率は、注文住宅で39.5%となっているのに対し、分譲一戸建住宅は15.1%と低い水準となっています。
また、外皮の断熱性能に影響する二重サッシまたは複層ガラスの窓の整備率は、注文住宅が74.6%、分譲一戸建住宅が61.3%となりました。省エネ基準適合義務化が2020年に控える中、分譲一戸建住宅では4割近くが未整備の状況であり、開口部の断熱化促進が課題と言えます。

 

注文住宅の世帯年収が大きく増加
 

世帯主の平均年齢は、注文住宅(新築)が40.9歳、注文住宅(建て替え)が58.4歳、分譲一戸建住宅が38.9歳となりました。年齢別の構成を見ると、注文住宅(新築)と分譲一戸建住宅では30歳代が最も多く、それぞれ45.3%、50.9%を占めています。一方、注文住宅(建て替え)は60歳以上が52.5%と最も多くなっています。
平均世帯年収については、注文住宅が690万円で、このうち一次取得者は667万円となりました(図1)。これは、2012年度調査と比べると全体では617万円から73万円増加、一次取得者では579万円から88万円増加と、どちらも大幅に増加しています。
一方、分譲一戸建住宅は646万円で、うち一次取得者は621万円となりました。2012年度調査との比較では、全体が675万円から29万円減少、一次取得者が653万円から32万円減少と、どちらも減少しています。

 

 

一次取得者の注文住宅総額が増加
 

注文住宅における土地購入資金は、全国平均が1,224万円となり、2012年度の1,360万円から136万円減少しています。一方、住宅建築資金は新築が3,082万円、建て替えが3,249万円で、2012年度と比べると新築が197万円増加、建て替えが324万円増加と、それぞれ増加傾向にあります(図2)。
注文住宅(新築)における土地と建物を合わせた購入資金総額は4,194万円で、2012年からほぼ横ばいの状況となっています。しかし、一次取得者に限ると4,246万円となり、2012年の3,903万円から343万円増加しています。一次取得者による注文住宅については、土地価格が減少する中、世帯年収と購入資金総額が共に大きく増加しており、建物にかける費用が大きくなってきていると言えます。
分譲一戸建住宅の購入資金については横ばいの状況で、三大都市圏平均は3,810万円、一次取得者に限ると3,673万円となりました。

 

国土交通省 2016年度住宅市場動向調査
http://www.mlit.go.jp/report/press/house02_hh_000116.html
 
 
 
国土交通省 既存住宅状況調査技術者講習がスタート
 

国土交通省の「既存住宅状況調査技術者講習制度」に基づく講習が、5月より全国でスタートします。同制度は、既存住宅流通市場の活性化に向け、既存住宅の状況調査における技術者育成を目的として今年2月に創設されたものです。
同制度に基づく講習は、来年4月施行の改正宅地建物取引業法において、重要事項と併せて説明が義務付けられたインスペクションの内容に沿ったものとなります。また、講習の修了者が実施する既存住宅の状況調査は、既存住宅売買瑕疵保険で必須となる保険法人による検査に代えることができます。
国は2013年に「既存住宅インスペクションガイドライン」を示し、「長期優良住宅化リフォーム推進事業」におけるインスペクター講習などを通じて技術者の育成を実施してきました。これらのインスペクター講習の修了者についても、同制度に基づく「既存住宅状況調査技術者」となるには、改めて講習を受講することが必要となります。
講習の対象は一級建築士、二級建築士、木造建築士の資格保有者に限られ、修了者は3年ごとに更新講習を受講することになります。現在、同講習の実施機関として、(一社)住宅瑕疵担保責任保険協会と(公社)日本建築士会連合会が登録されています。講習の日程などの詳細は、各機関のホームページなどで公表されています(公表予定を含む)。

 

国土交通省 既存住宅状況調査技術者講習 登録実施機関
(一社)住宅瑕疵担保責任保険協会
http://www.kashihoken.or.jp/  

(公社)日本建築士会連合会
http://www.kenchikushikai.or.jp/