1. TOP
  2. ナイスビジネスレポート
  3. 経済産業省 2016年度第2次補正予算案 ZEH普及加速に100億円

経済産業省 2016年度第2次補正予算案 ZEH普及加速に100億円

 2016年度第2次補正予算案における経済産業省関連予算案が公表され、「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及加速事業」に100億円が盛り込まれました。予算額は2015年度補正予算における住宅・建築物の省エネ化に向けた施策と同額ですが、前年度が断熱リフォームなどへの補助が含まれていたのに対し、今回はZEHのみに焦点が絞られました。
国は2020年までに新築一戸建住宅の過半数をZEHとする政策目標を掲げています。今年4月に創設されたZEHビルダー登録制度に則り、ZEHビルダーによるZEHの導入を支援するとしています。
今年度の本予算では既に、ZEHビルダーによるZEHとZEB(ネット・ゼロ・エネルギービル)への補助事業に110億円が計上されています。このうちZEHについては、ZEH支援事業の一般公募が5次・6次募集分(8月2日~9月2日)で最終となっており、第2次補正予算の成立後、同事業での一般公募枠が改めて設定されると見られています。
第2次補正予算案は今月末に召集予定の臨時国会にて審議され、成立する見込みです。

 

経済産業省 2016年度第2次補正予算案
http://www.meti.go.jp/main/yosan/yosan_fy2016/pdf/h28_2hosyuyosan_gaiyo.pdf