1. TOP
  2. ナイスビジネスレポート
  3. すてきナイスグループ株式会社 「レジリエンス認証制度」の認証取得

すてきナイスグループ株式会社 「レジリエンス認証制度」の認証取得

非常時と平常時の取り組みで認証取得
 

 すてきナイスグループ㈱は7月29日、政府の内閣官房国土強靭化推進室が創設した国土強靭化貢献団体認証制度(レジリエンス認証制度)において認証を取得しました。同制度は、社会全体の強靭化を進めることを目的として、事業継続について積極的に取り組む企業や自治体、学校などの各種団体を認証するものです。
第1回目の認証取得団体は、卸売業や建設業、製造業など44団体となっています。認証取得団体については、内閣官房国土強靭化推進室や(一社)レジリエンスジャパン推進協議会のホームページにて公表されています。
すてきナイスグループ㈱は策定している「地震発生時における事業継続計画基本規定」の中で、企業としての事業継続だけではなく「お客様の素適な住まいづくりを心を込めて応援する」という企業理念の下、非常時には災害直後の支援活動、特に住宅における復旧・復興支援に取り組むことを方針としています。
また、平常時においては災害に強く健康で快適な生活を実現するレジリエンス型の住宅の普及啓発に取り組むとしており、これらの事業継続計画(BCP)の内容が認められ、今回の認証取得となりました。

 

 

BCPに基づき被災地支援に取り組む
 

 ナイスグループは今年4月の「平成28年熊本地震」において、地震発生直後より被災地の支援活動に取り組みました。
支援に当たっては、「ジャパン・レジリエンス・アワード2016」の最優秀レジリエンス賞を受賞した韓国の「ナイスグループ釜山新港総合物流センター」を活用し、約1万7,000リットルの飲料水を調達しました。また、被災直後で九州の物流網が不確定な状況にある中、独自の物流機能を駆使して食料や衣料品といった日用品や、ブルーシート、補修テープといった資材などの支援物資を迅速に提供するなど、グループ全体で被災地の支援活動を行いました。