1. TOP
  2. ナイスビジネスレポート
  3. 国土交通省 省エネ性能表示制度 「BELS住宅版」 スタート 省エネ性能の 「見える化」 がスタンダードに

国土交通省 省エネ性能表示制度 「BELS住宅版」 スタート 省エネ性能の 「見える化」 がスタンダードに

 国土交通省は4月1日より建築物省エネルギー性能表示制度「BELS」の住宅版をスタートさせました。BELSによる省エネ性能の表示は今年度の省エネ住宅関連の補助制度において適用要件に盛り込まれていることからも、今後この制度の活用は進むと考えられます。BELSを通じて住宅性能を数値化した見える化の促進が一層図られる中、工務店様は上位レベルの省エネ住宅に対応することで差別化していくことが求められます。今回は、BELS住宅版の内容と住宅性能の数値化の流れについてまとめました。

 

ラベルにより省エネ性能を分かりやすく表示
 

「BELS」は国土交通省による「非住宅建築物にかかる省エネルギー性能の表示のためのガイドライン」に基づき2014年より開始された制度で、建築物の省エネ性能に特化した日本初の統一された公的指標です。これまで非住宅を対象としていましたが、2020年の省エネ基準への適合義務化を見据え、「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」(建築物省エネ法)が4月1日より施行され、同日にBELS住宅版がスタートしました。
これは、住宅そのものや広告物などにラベルを掲示し、省エネ性能を分かりやすく表示することで、消費者が住宅を選ぶ際の基準の一つとなるとともに、省エネ性能に優れた住宅が市場で適切に評価されるような環境を整備することを目的としています。

 

省エネ性能を☆の数で5段階にランク分け
 

BELSでは第三者機関により評価が行われます。評価は省エネ基準に基づき、設計時の省エネ性能について外皮性能及び一次エネルギー消費量の2つの指標で実施されます(図1)。なお、省エネ基準は建築物省エネ法の施行に伴い一部で改正が行われ、「エネルギー消費性能基準(平成28年基準)」が現行基準となっています(経過措置として「平成25年基準」は2017年3月まで運用)。

 

 

 外皮性能については、断熱などに関する基準への適合の可否が評価されます。評価対象の住宅の外皮平均熱貫流率(UA(ユーエー)値)及び冷房期の平均日射熱取得率(ηAC(イータエーシー)値)が基準レベルを満たしている場合に「適合」と表示されます。希望によりUA値とηAC値のいずれかの数値を表示することが可能なため、より高い外皮性能をアピールすることができます。
一次エネルギー消費量については、省エネ基準への適合の可否が表示されます。また、暖冷房、換気、給湯、照明設備、再生可能エネルギー(自家消費分)を対象として設計一次エネルギー消費量を基準一次エネルギー消費量で除した値(BEI)を算出し、その結果から一次エネルギー消費量の省エネ基準からの削減率が明示されます。また、BEIの値で5つのランクに分けられ、星の数で性能の高さが一目で分かりやすいように表示されます。
 
 
 
BELSが地域型住宅グリーン化事業の要件に
 

今年度予算が成立し、各省から随時、住宅関連施策の具体的内容が公表されます。予算によると、住宅の省エネルギー化に関する補助制度についてBELSによる評価とラベルによる表示が要件となっているものが見受けられます(図2)。これらの流れもあり、BELS住宅版は今年度から普及していくと考えられます。

 

 

 国土交通省による地域型住宅グリーン化事業については、高度省エネ型のゼロ・エネルギー住宅で補助を受けようとする場合にBELSなどの評価とラベル表示が要件に加わります。これにより、これまではゼロ・エネルギー住宅に関する具体的な定義付けがなされていなかったために各グループの共通ルールに基づいているかどうかを自主計算により算出すれば良かったものが、第三者機関による評価を受けることが求められます。
また、BELSにおいては暖冷房、換気、給湯、照明設備を対象として算出した設計一次エネルギー消費量が基準一次エネルギー消費量から20%以上削減され、かつ、暖冷房、換気、給湯、照明設備に自家消費分及び売電分を含めた再生可能エネルギーを加えて算出したものが、基準一次エネルギー消費量から100%以上削減されている場合に、「ゼロエネ相当」の表示を行うことができるとしています。このとき、外皮性能についても省エネ基準に適合することが必要となります。
これらのことから、地域型住宅グリーン化事業におけるゼロ・エネルギー住宅についても、BELSの「ゼロエネ相当」の基準と同等の基準を満たすことが要件となってくると考えられます。
 
 
 
BELS評価物件の情報をホームページで公開
 

BELSの評価を取得した住宅は、(一社)住宅性能評価・表示協会のホームページ上のBELSの事例紹介ページにて5月より情報が公開される予定となっています。具体的には、物件名称や申請者名のほか、一次エネルギー消費量や省エネ基準からの削減率、外皮性能に加え、アピールポイントが紹介されます(個人名などが特定される部分は承認が得られた場合のみ掲載)。
評価物件は所在する都道府県別に検索でき、検索結果は一次エネルギー消費量の性能値によって評価の高いランク順に表示されます。また、評価書を取得した件数順に申請者がランキング形式で示される予定です(図4)。

 

 

同一指標が各種認定基準に
 

長期優良住宅認定制度や低炭素住宅認定制度など、現在運用されている住宅関連制度においては住宅性能表示制度に基づいて基準が規定されています(図5)。住宅性能表示制度における省エネルギー性能の指標には、BELSと同様に統一指標である外皮性能と一次エネルギー消費量が用いられています。

 

 

 4月1日の建築物省エネ法の施行に伴い、スタートした性能向上計画認定住宅においても同一の指標を用いた基準となっています。これは、建築物エネルギー消費性能向上計画が誘導基準に適合している場合に所管行政庁が認定を行うものです。認定基準は低炭素住宅とほぼ同様で、断熱等性能等級4かつ一次エネルギー消費量等級5が設定されています。
低炭素住宅と異なる点としては、節水対策などの低炭素化に資する措置(その他基準)が基準に含まれない点と、低炭素住宅の対象区域が市街化区域に限定されていたのに対し、区域の指定がないことがあげられます(図6)。
認定されると、容積率の緩和措置が受けられるほか、全期間固定型住宅ローン「フラット35S」の金利Aプランの対象となります。また、性能向上計画認定住宅は今年度の地域型住宅グリーン化事業の対象住宅の一つにもあげられています。

 

 

省エネ性能の 「見える化」 で差別化を
 

2020年の省エネ基準への適合義務化を見据え、工務店様にとってはこれらの省エネ性能の数値化の動きに早急に対応していくことが重要です。そのためにも、まずは自社の供給する住宅の仕様が省エネ基準を満たしているのかどうかを外皮性能や一次エネルギー消費量を用いて数値化して確認し、満たしていない場合には仕様の変更が必要となります。
外皮性能や一次エネルギー消費量という共通指標の導入により、一部の住宅供給事業者では更に上位レベルの省エネ性能を標準化する動きが見られます。住宅性能が一般消費者に「見える化」されるということは、裏を返せば性能を高めることで他者と分かりやすく差別化することができるのです。お客様から選ばれるためにも、この住宅性能の「見える化」をチャンスとして、自社商品のPRに上手に活用していくことが重要です。

 

ナイスグループ
パワーホームが「☆☆☆☆☆」を取得

 

 

 ナイスグループはBELS住宅版の制度が開始された4月1日、神奈川県横浜市にて分譲するオリジナル住宅商品「パワーホーム」の2棟について最高ランクとなる「☆☆☆☆☆」の評価を取得しました。これら2棟は評価実施機関である(一財)ベターリビングにおける「BELS住宅版」の評価実績として1棟目及び2棟目となります。
パワーホームは、住宅性能表示制度において東北地方での断熱等性能等級と一次エネルギー消費量等級を満たすなど高い省エネ性能をはじめ、耐震性能や維持管理の容易性など含めた最高レベルの住宅性能を標準仕様としています。今回評価を取得した2棟についても標準仕様で外皮平均熱貫流率(UA値)が0.59W/㎡kとなるなど最高ランクを取得しました。

 

工務店様のBELS評価書取得をサポート
 

ナイスサポートセンターでは、工務店様によるBELS住宅版の評価書の取得をサポートします。BELSの評価に必要となる外皮性能や一次エネルギー消費量の計算をはじめ、申請書類の作成から評価の申請手続き、適合証の取得までを工務店様に代わって実施します。その中で、BELSで取得を希望するランク(星の数)に応じて、自社の標準仕様のどこを変更すればよいかなどのアドバイスも行います。
ぜひ、ご活用ください。

 

 

※1 省エネ基準に関わる製品をナイス㈱が指定する製品の中から選択していただく仕様。
※2 断熱材についてナイス㈱を通してご購入いただいた場合。
注)評価機関である(一財)ベターリビングの技術的審査料が別途かかります。