1. TOP
  2. ナイスビジネスレポート
  3. 東日本大震災から5年 東北復興のナイスグループの歩み

東日本大震災から5年 東北復興のナイスグループの歩み

 ナイスグループでは、東日本大震災によって宮城県多賀城市の「仙台物流センター」と「ナイスプレカット仙台工場」が6メートルを超える大津波で壊滅的な被害を受け、しばらく操業停止を余儀なくされました。その後、被災者の一人として東北復興への取り組みを経営における重要政策の一つとして位置付け、必要資材の供給や応急仮設住宅の建設、地域企業との合弁による復興応援型住宅の供給など様々に展開しています。今回は5年間にわたるグループの歩みをまとめました。

 

応急仮設住宅
宮城県・福島県で1,088戸を建設
 

 ナイスグループでは、被災された方々が避難所での大変な暮らしを一日でも早く終えられるよう、応急仮設住宅の建設に取り組みました。余震が発生する恐れがある中でより安全・安心な応急仮設住宅を提供するために、高強度かつ高耐久の集成材と金物接合による「パワービルド工法」を採用し、耐震性や精度の高い建物をスピーディーに建設しました。更に設計・施工の工夫により断熱性や遮音性、プライバシー性なども配慮し、暮らしやすい環境づくりに努めました。
宮城県においては(一社)日本木造住宅産業協会を通じて計200戸を建設し、福島県においては県内の販売店様や工務店様と共同企業体を組織するなど計888戸の建設に携わりました。建設後も点検や補修・修繕工事などの維持管理を現在に至るまで継続して実施しています。

 

 

災害公営住宅
地域の企業様と一体となって取り組む
 

 災害公営住宅についても、ナイスグループでは建設に向けた動きが本格化した2013年より取り組みを開始し、フェニーチェ東北ホーム㈱、ナイス岩手ホーム㈱、ナイス福島ホーム㈱が建設に携わっています。
フェニーチェ東北ホーム㈱は宮城県にて特定建設業の免許を取得し、災害公営住宅の建設に対応しています。本社を置く宮城県名取市では、地元の建設関連企業様とともに(一社)名取市復興公営住宅建設推進協議会を設立し、名取市との協定のもとで災害公営住宅を建設しています。
宮城県と福島県の両県においては取引先企業様の建設工事を請け負ったり、資材の納材から設計管理、現場管理といった業務の委託を受けるなど、地域の取引先企業様による災害公営住宅の建設を様々な形でお手伝いしてきています。
被災3県における災害公営住宅の供給の進捗率が約50%にとどまる中、ナイスグループでは引き続き、地域の企業様と一体となって災害公営住宅の建設に取り組んでいきます。

 

 

フェニーチェホーム
復興応援型住宅を供給
 

 ナイスグループでは被災された方の早期の住宅再建に向けて、2011年5月、耐震性や断熱性、耐久性などの住宅性能が最高レベルで高品質かつお求めやすい価格を実現した復興応援型住宅「フェニーチェホーム」を開発しました。
2011年11月23~24日の2日間にわたっては、復旧活動の最中で情報が散在する中、宮城県仙台市の産業見本市会館にて住宅復興に向けた情報を発信するイベント「すまい元気フェア」を宮城県の設計・住宅・木材・森林関連団体や金融機関の参画のもとで開催し、フェニーチェホームの紹介とともに住まいに関する相談にお応えしました。金融機関や住宅金融支援機構が設置した復興融資などの資金相談コーナーには430組の方々が相談に訪れ、2日間の総来場者数は3万599人に上りました。
フェニーチェホームの供給に当たっては、東北地方の住宅関連企業様と合弁会社を設立し、地域に密着して活動を進めています。

 

 

非住宅
子供たちの教育施設の再建にも貢献
 

 非住宅の再建にも積極的に取り組んでいます。特に、被災した子供たちの教育環境の整備に取り組む(公社)セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンによる復興事業として、2012年5月から2015年8月にわたり、宮城県において石巻市・鹿妻保育所、向陽地区放課後児童クラブ室、中里小学校放課後児童クラブ室、鹿妻小学校放課後児童クラブ室、東松島市・矢本東保育所、名取市・下増田児童厚生施設の6棟の教育施設の建設を行いました。このほか、2014年7月には宮城県南三陸町の特別養護老人ホームや村田町の医療施設の建設にも携わっています。

 

 

ナイス㈱仙台物流センター事務所棟をCLTで建設
 

 ナイス㈱仙台物流センター(宮城県多賀城市)は、東日本大震災において事務所棟が津波で流され壊滅的な被害を受けました。被災後は仮設棟で業務を行っていましたが、同物流センターの事務所棟について現在、日本初となるCLTと鉄筋コンクリート造の混構造で建設が計画されています。 林野庁による「CLT等新たな製品・技術活用建築物実証事業」の採択事業となっており、CLTの材料はすべて宮城県産材が使用されます。