現在位置:
HOME > 木材・建材販売について > 情報誌「ナイスビジネスレポート」 > 2018年(平成30年) > 4/1号 > 「ジャパン・レジリエンス・アワード (強靭化大賞) 2018」 ナイス鰍ェ特別顧問賞を受賞
ナイスビジネスレポート

「ジャパン・レジリエンス・アワード (強靭化大賞) 2018」
ナイス鰍ェ特別顧問賞を受賞

 (一社)レジリエンスジャパン推進協議会による「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2018」の表彰式が3月20日開催されました。4回目となるこのアワードにおいて、ナイス鰍ェ特別顧問賞と最優秀賞を受賞しました。

強靭な社会の構築に向けた取り組みを評価

 「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)」は2014年11月、(一社)レジリエンスジャパン推進協議会が創設しました。これは、次世代に向けたレジリエンス社会構築のため、強くてしなやかな国づくり、地域づくり、人づくり、産業づくりに役立つ活動、技術開発、製品開発等を実施している全国の企業・団体からエントリーを募り、評価・表彰する制度です。4年目となる今年は、227件の応募の中からグランプリ、特別顧問賞/特別賞をはじめ、「企業・産業部門」「地方自治体部門」「教育機関部門」「NPO・市民活動部門」の4部門ごとに、金賞、最優秀賞、優秀賞、優良賞が選出されました。
 ナイス鰍ヘこのたび、「国産材CLTを活用した先進的建築構造プロジェクトによる国土強靭化促進」に関する取り組みについて、グランプリに次ぐ賞である特別顧問賞(古屋圭司 初代国土強靭化担当大臣賞)を受賞しました。更に、「住宅の高断熱化・省エネ化およびZEHなど『環境性能の高い住宅』の普及促進に関わる活動」について最優秀賞を受賞しました。

特別顧問賞
ナイス梶u国産材CLTを活用した先進的
建築構造プロジェクトによる国土強靭化促進」

 ナイス鰍ヘ昨年3月、日本初となるCLTと鉄筋コンクリート造との平面混構造による仙台物流センター事務所棟を竣工しました。東日本大震災の大津波により壊滅的な被害を受けた事務所棟の新築工事に当たり、復興のシンボルとなり得るとともに、宮城県の木材産業の振興にも寄与するような建築物を目指し、検討を重ねました。そして、資材の調達から、設計・施工まで一貫して実施可能な当社のメリットを最大限に生かし、宮城県等の行政機関とも協議しながら、新たな技術開発を提案しました。具体的には、将来のCLT利活用促進に貢献できるよう、鉄筋コンクリート造との平面混構造を採用したほか、室内に金物が露出しない独自の工法を考案し、宮城県産スギを用いたCLTパネルの美しい現しを実現しました。更に、本プロジェクトを通じて得られた知見については、「木と住まいの大博覧会」をはじめとするイベントを通じて紹介したほか、シンポジウムの開催や視察、研修の受け入れを通じて発信し、更なるCLTの普及を図ってきました。

最優秀賞
ナイス
住宅の高断熱化、 省エネ化およびZEHなど
「環境性能の高い住宅」の普及促進活動

 高い断熱性を保持し、省エネ性にも優れた住宅は、地球温暖化を抑制するだけでなく、健康寿命の延伸にも貢献するため医療費・介護費の削減や生産性の向上にもつながります。ナイス鰍ヘ、全国で建築資材の流通や住宅事業、情報発信を行う企業として、全国の販売店様や地場工務店様、ビルダー様と連携し、お施主様に向けて環境性能の高い住宅の普及・促進を図り、気候変動の抑止やエネルギーの自立による減災に貢献しています。
 具体的な活動として、熊本県の建築士会や販売店様、工務店様が一体となり、環境性能の高い復興モデル住宅を開発し、被災地で供給しています。また、自社の住宅事業においてはエネルギー消費量を15%以上削減し、これまでにBELS(建築物省エネルギー性能表示制度)の星4つ以上を取得した住宅を550棟以上供給、また「CASBEE(建築環境総合性能評価システム)横浜[戸建]」のAランク以上を440棟以上取得しています。