現在位置:
HOME > 木材・建材販売について > 情報誌「ナイスビジネスレポート」 > 2018年(平成30年) > 1/15号 > 「住まいの耐震博覧会」「木と住まいの大博覧会」 住宅の耐震化やZEH、木材と木造建築の情報を一挙に発信!
ナイスビジネスレポート
「住まいの耐震博覧会」「木と住まいの大博覧会」
住宅の耐震化やZEH、木材と木造建築の情報を一挙に発信!


 2月16〜18日の3日間にわたり、「住まいの耐震博覧会」と「木と住まいの大博覧会」が東京ビッグサイトで同時開催されます。「住まいの耐震博覧会」では住まいの地震対策をはじめ省エネ・創エネ機器、話題のIoTを活用した住まいについて、「木と住まいの大博覧会」では木とふれ合いながら、木材の特性を生かした暮らしや家づくりについて発信しています。今回は両博覧会の見どころの一部をご紹介します。

2大博覧会を同時開催


 「住まいの耐震博覧会」は、地震に強い家づくりをテーマに、耐震診断や耐震補強をはじめ、ZEHやスマートウェルネス住宅など最新の家づくりに関する情報を、一般ユーザーからプロユーザーにまで幅広く発信する住宅総合展示会です。
 会場では、建築年による住宅の耐震性の違いと、必要となる地震対策について、NPO法人住まいの構造改革推進協会の会員が、動く耐震模型などを使って分かりやすく説明し、ご自宅の耐震性能や耐震診断・改修に関するご相談に応じます。また、東京都、神奈川県をはじめ、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、山梨県、長野県の9都県による住宅の耐震化への取り組みや支援制度を紹介します。そのほか、断熱・省エネリフォーム、地盤、住宅ローンなど、住まい全般への相談が可能となっています。
 国内外の建材・住設機器の有力メーカー様により、外壁や水回り、屋根材、省エネ・創エネ機器など住宅を形づくる最新商品が紹介されます。
 同時開催の「木と住まいの大博覧会」は、森林・木材・建築関連事業者団体、自治体、学術機関などが一堂に介し、木造住宅や中・大規模木造建築物から木製品、木育、学術研究まで、木に関する最新の製品・技術・情報を幅広く発信する木材総合展示会です。
 今回は、林野庁をはじめ、山形県、茨城県、栃木県、神奈川県、長野県、岐阜県、和歌山県、鳥取県、徳島県、宮崎県、小山町(静岡県)の12の自治体や関連団体の後援を受けて開催されます。それぞれの自治体により、各地の良質な地域材を用いた躯体や構造材、家具材、小物などが展示されます。更に、東京大学をはじめとした大学が木や木材、住まいに関する最新の研究を展示します。

見どころ@ 次世代住宅の情報発信


 2020年に標準的な新築住宅とされるZEHについて、ナイスグループの推奨商材を使用した実物大躯体を通じて解説します。また、話題のAIスピーカーについて、実際の生活をイメージした展示スペースで体験できます。AIスピーカーとは、家電をはじめ、日常生活で使用する機器をインターネットに接続し、音声で操作できるようにするものです。ここでは、テレビや照明、エアコンなどをAIスピーカーで実際に操作することができます。


見どころA 木を適材適所に用いた空間提案


 「木のコンシェルジュゾーン」では、無垢の木を中心に木が本来持つ軽さや調湿性、断熱性といった特長が体感できます。国産材を用いて内装を木質化した寝室やリビング、エクステリアの空間展示を通じて、エンドユーザーの趣向や予算に応じた最適な木材製品や空間を提案します。「木育」コーナーも設置し、子供たちが国産材に直接ふれ合って遊ぶことができます。
 林野庁が、品質や性能が明確な無垢材として積極的な活用を推進している「JAS機械等級区分構造用製材品」について、測定器でヤング係数を実際に測定してみることで、強度を数値として確認することができます。また、FSC森林認証を取得した木製品などを通じ、暮らしへの森林認証材の取り入れ方を提案します。


見どころB 建築物の木造化を推進


 中・大規模木造建築物について、構造材や内外装材に全国47都道府県の木材を使用した実物大の躯体を展示し、「木造ゼネコン®」としてのナイス鰍フ取り組みを紹介します。この躯体では、大断面集成材やトラス、オリジナルの組み立て梁など、木造で大空間を実現できる6種類の梁が提案されます。更に、学校や幼稚園、福祉施設などをイメージした空間の展示もなされます。
 また、木と鉄の複合梁を用いたテクノストラクチャー工法により、15m×20mの無柱空間も可能で、店舗や事務所に適した「テクノビームトラス」が初めて展示されます。




「木造ゼネコン®」はすてきナイスグループ鰍フ登録商標です