<<<HOME
パワービルド工法の耐震性パワービルド工法の耐久性パワービルド工法の品質構造CADで安全性を確認施工の流れ用語の解説


湿気が多く、蟻害が心配な箇所にはベイヒバの集成材、強度や耐久性が求められる柱、梁にはベイマツ、アカマツの集成材を使います。
用途に応じて使い分けているのがパワービルド工法なのです。





パワービルドで使う金物は過酷な環境で使われる自動車のエンジンに使われる鋳物 「炭素鋼鋳鋼たんそこうちゅうこう」と防錆加工ぼうせいかこう を施したものです。耐食性たいしょくせいにも優れています。





溶接や折り曲げない一体成型のパワービルド工法のメタル金物。
この強さは折り紙つきです。
詳しくはこちら>>>
 販売元 / プレカット工場と金物の仕様 / リンクについて
「パワービルド工法」はナイス鰍フ登録商標です
©2006 nice corporation