<<<HOME
パワービルド工法の耐震性パワービルド工法の耐久性パワービルド工法の品質構造CADで安全性を確認施工の流れ用語の解説


床や壁を構造用パネルで囲むことで、住まいを「箱」として形成、構造と一体化することで、建物全体の強度を高めます。





構造用面材こうぞうようめんざい を土台、梁に直接取り付けることで、床のねじれを防ぎ、地震や台風による揺れの軽減、倒壊を防ぎます。





構造体は梁同士、柱と梁などを接合しながら組み立てていきますが、接合箇所の材を痛めないことが求められます。
パワービルド工法はメタルの金物を使うことで、この欠損を最小限に抑えると共に、十分な強度を確保できるような工夫を随所に施しています。





パワービルド工法を構成する部材についても 無垢材むくざいの1.5倍の強度があると言われている「集成材」、自動車のエンジンに使われる高強度、高耐久の素材で作られた金物など、安全な住まいを実現するための工夫が随所に盛り込まれています。
詳しくはこちら>>>
 ナイス株式会社(販売元) / プレカット工場と金物の仕様 / リンクについて
「パワービルド工法」はナイス鰍フ登録商標です
©2006 nice corporation