ナイス 木と住まいの素適住生活応援企業




 「阪神・淡路大震災の悲劇を風化させてはならない」。兵庫県の監察医によると、阪神・淡路大震災の犠牲になった6,434人もの人々のうち、92%が地震直後の15分以内に命を失いました。その死因の調査結果によると窒息死が54%、圧死が12%であり、いずれも建物の倒壊や家具の転倒・落下によるものとされています。つまり、これらの方々は地震によって直接命を失ったのではなく、住んでいた家や家具が凶器となって尊い命を絶たれたのです。本来ならば、人間を守るべきはずの家が凶器になることがあってはなりません。住宅関連業界にかかわるものたちが力をあわせ、強くて安心な住まいづくりを実現し、住まわれるお客様にご提供すること。「住まいの構造改革」は、ナイス株式会社が住宅供給者の責任と使命感のもとに提唱したテーマです。
 

  ●「住まいの構造改革」 地震に強い家づくりの取り組み

  ◎「ナイスわくわくフェア」開催 : 実物大の地震に強い住まいなどを展示、全国に展開
  ◎「住まいの耐震博覧会」開催 : 「ナイスわくわくフェア」で開催
  ◎パワービルド工法・ウインウッド工法 : 精度の高い集成材と信頼の接合金物
  ◎ゴールドメタル工法開発 : 丈夫な金物と長持ちする骨組み
  ◎集成材の普及 : 品質・精度ともに優れた構造用木材を積極的に使用
  ◎ナイスサポートシステム : 工務店様に対する設計・施工及び各種受注支援サービス
  ◎ザクセスキャド構造計算サービス : 木造一戸建住宅の構造計算サービス
  ◎住まいの構造改革推進協会設立 : 特定非営利活動法人(NPO法人)
  ◎免震構造マンション供給 : 免震装置により地震の激しい横揺れを軽減
  ◎震災対応型マンション販売 : 大地震に備えた次世代型マンション
  ◎耐震強度1.25倍の「強耐震」マンション発売



「住まいの構造改革」について、詳細をご覧になりたい方はこちら!!

  「ナイスわくわくフェア」「住まいの耐震博覧会」専用ホームページはこちら!!

《住宅情報提供協議会運営サイト》
 「住まいの情報発信局」は、住宅関連8財団が運営する住宅情報提供協議会によるホームページで、「耐震改修」「住宅性能表示制度」などの情報がご覧になれます。国土交通省などと連携して、特定の企業などに偏らない、中立性・信頼性の高い情報が発信されています。


住まいの安全・安心

地震に強い住宅特集

住宅性能表示制度